乳液前に美容液を

スキンケアの順番は水分→油分。美容液は乳液の前が鉄則

スキンケアの基本は肌の水分と油分のバランスを整えること。
中でも重要なのが肌の水分量を適正にキープすることで、まず水分をしっかりと補った後、自分の皮脂が足りないようなら油分を与えて水分が逃げないように蓋をしてあげましょう。通常乳液がこの役割を果たします。

基本的に、洗顔後の肌に水分・油分を効果的に補う場合、まず水分が多く水っぽい化粧品から肌にのせていきます。
一般的に言われる化粧水→美容液→乳液→クリームの順は、化粧品の水分や有効成分が肌によく浸透し、効果を十分に発揮する順番でもあるのです。

特にメーカー側からの指示がない限り、美容液は乳液の前に使うのがベター。乳液を先につけてしまうと乳液に含まれる油分が皮膚の上に膜を作ってしまい、その後につけた美容液の成分が肌に浸透するのを妨げてしまいます。

ただ、化粧品の中には意図的に化粧水→乳液→美容液の順につけることをすすめているものもありますので、使用前に必ずボトルや容器の注意書きをチェックすることが大切です。