手のひらとコットン

手とコットン、それぞれの良さを知って自分に合った付け方を

手のひらで浸透、コットンで無駄なく美容液の容器には「手のひらにとって」「コットンに含ませて」などつけ方が書いてあります。
基本的にはメーカーがすすめる方法がいいのですが、手のひら、コットンそれぞれに良さやマイナス点があり注意が必要です。

まず、手でつける場合。
手のひらに適量の美容液をのせ、まずは口や目のまわりなど、皮膚の薄いところに指先で少しずつのせるようにつけていきます。その後、手のひらに美容液を伸ばし、顔全体を包むようになじませるのがおススメのつけ方です。
手のひらでつけると体温で美容液が温められ、肌になじみ浸透しやすくなりますが、手のひら自体に美容液が吸収されてしまうため、使用量を多めにしないといけないのがマイナスポイントです。

一方、コットンに含ませてつける際にも手のひらと同じく、皮膚の薄いところからゴシゴシこすらずやさしくつけていきます。コットンは適量の美容液成分をムラなくつけることができますが、コットンによっては拭いた後に繊維が残ってしまったり、毛羽立って肌を傷つけてしまうこともありますのでコットン選びも重要です。

自分に合ったやり方で、美容液成分をしっかりと肌に浸透させましょう。