つけすぎはNG

せっかくの保湿力も、つけすぎは乾燥の元!!適切な量が肝心

肌にたっぷりと水分を与えてくれる美容液ですが、だからといってつけすぎは逆効果!! 必要以上に保湿用の美容液をたくさんつけすぎると、自らの肌が皮脂を分泌する能力を低下させてしまい、かえって肌が乾燥してしまうことがあります。
表示の分量を丁寧に肌に浸透させましょう。

また、油分が入っている美容液は紫外線に触れると過酸化脂質化してしまい、シミやくすみ、ニキビなど肌トラブルの原因にもなります。美容液はオイルフリーのものを選び、肌への負担をできるだけ減らすことも大切です。

もちろん、肌にいい美容液とはいえ、長時間つけっぱなしもトラブルの元。朝・晩の洗顔時には正しい洗顔法で肌をキレイにリセットして、改めて化粧水、美容液などのスキンケアをしっかり行ないましょう。